NEOBANK 住信SBIネット銀行
ウィンドウを閉じる

米国雇用統計

世界中の投資家が注目する、為替相場の一大イベント 米国雇用統計 今後の景気動向を左右する重要指標に注目!

米7月雇用統計(8月6日発表)直前レポート


米7月雇用統計予想

非農業部門雇用者数は6月実績並みの水準も

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
(予想)
 
失業率
1月
6.3%
2月
6.2%
3月
6.0%
4月
6.1%
5月
5.8%
6月
5.9%
7月
(予想)
5.7%
 
非農業部門雇用者数
1月
4.9万人
2月
37.9万人
3月
91.6万人
4月
26.6万人
5月
55.9万人
6月
85.0万人
7月
(予想)
90.0万人

米6月雇用統計の総括

  • 非農業部門雇用者数:前月比+85.0万人 (市場予想:+72.0万人程度)
  • 失業率:5.9%(市場予想:5.6%)
  • 平均時給:前年比+3.6%(市場予想:+3.6%)

7月2日に発表された6月米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比+85.0万人と+72.0万人程度の市場予想を上回る結果となりました。ただ、失業率は5.9%で5月の5.8%から0.1ポイント上昇しました。平均時給は前年比+3.6%で市場予想と一致しました。NYダウ平均は152.82ドル高の34786.35ドルで取引終了、ドル・円は、111円61銭まで上昇後、110円95銭まで下落し、111円04銭で取引を終えています。

7月雇用統計予想

  • 非農業部門雇用者数:前月比+90.0万人程度
  • 失業率:5.7%
  • 平均時給:前年比+3.9%

失業手当の拡充が労働力の供給を制限している状況に変わりないものの、ワクチン接種の拡大によって企業活動は基本的に拡大しており、雇用増加につながる要因は少なくないことから、7月の非農業部門雇用者数は6月実績と同水準となる可能性があります。失業率については、サービス産業などの採用増加などが予想されており、6月実績の5.9%を下回る可能性が高いとみられています。平均時給の上昇率は、労働力不足を反映して6月実績をやや上回る可能性があります。

<市場反応>7月雇用統計の結果を受けて外為市場はどう反応するのか?

非農業部門雇用者数が予想を上回った場合、長期金利高・ドル高の可能性

7月の非農業部門雇用者数が、市場予想を上回った場合、雇用環境の持続的な改善への期待が高まり、米国株式は強含みとなる可能性があります。平均時給の上昇は労働市場の需給関係が一段とひっ迫していること示唆するデータとなるため、米長期金利は上昇し、ドル買いが強まるものの、金融緩和策の早期縮小を警戒して主要株価指数は下落する可能性があります。

非農業部門雇用者数が予想を下回った場合、株高・ドル安の可能性

7月の非農業部門雇用者数が市場予想を下回った場合、量的緩和策の早期縮小観測は一段と後退し、リスク選好的なドル買いは縮小する可能性があります。ただ、労働市場の持続的な拡大への期待は残されることから、米国株式はややしっかりとした値動きとなり、リスク回避的なドル売りが大きく広がる可能性は低いと予想されます。

《留意点:米インフラ投資計画の行方》

報道によると、米上院議員22人の超党派グループは、7月22日までに5790億ドル規模のインフラ投資法案で合意に一歩近づいた。メディケア(高齢者・障害者向け医療保険)関連規制を先送りにすることによって、インフラ計画の財源の一部に充てる方向となったようだ。しかしながら、一部の民主党議員は超党派が上下水道・衛生関連の追加投資を法案に盛り込まなかった場合、反対する可能性を示唆しており、上下両院の民主党議員全員が法案を支持することは保証されていないようだ。


米国雇用統計とは?

米国の労働省が毎月発表する経済統計のひとつです。失業率や非農業部門就業者数、週当たり平均賃金など労働市場の情勢を見る十数項目のデータが盛り込まれています。米国の景気動向を測る上で最も重要な指標で、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定に影響を与えます。

雇用情勢の変化は個人所得や個人消費などに波及するので、為替市場や株式市場の材料となります。発表前からマーケット参加者に注目される度合いが高く、通信社などによるエコノミスト調査の予想値に基づいて相場が動くこともあります。

ご注意事項

  • ※ 本ページに掲載されている情報(以下「本情報」)の著作権を含む一切の権利は、株式会社フィスコに帰属します。本情報を無断で使用(複製、蓄積、翻訳、翻案、引用、転載、転送、改変、頒布、販売、出版、放送、公衆送信(送信可能化を含む)、伝達、口述、展示)等することを禁じます。本情報の提供について信頼性の維持には最大限努力しておりますが、本情報は、ページ更新時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。本情報は、自らの判断と責任において使用してください。本情報を使用した結果、損失・損害を被ったとしても、当社および情報提供会社は一切の責任を負いません。